【デイリー】「バースの再来」って言葉、そろそろNGワードにしない?

ボーア

毎年のように春先、期待を込めてマスコミで使われる「バースの再来」という言葉に違和感をもつ。助っ人として阪神に加入し、しかも左打者でスラッガーときたら、例外なく、この言葉が使われていると思う。今年はジャスティン・ボーア内野手がやはり何人目かの「バースの再来」として注目されている。

巨人との開幕3連戦、12打席でノーヒット。ただ、わずか3試合でファンやマスコミから、ため息がもれているのは「バースの再来」という華美な枕詞にも原因があるのではないか。打てなかったのはボーアだけではないし。

記事を読む

ファンの反応

それこそ本家デイリーが「ネタで使ってる」って認識だったが…。そもそも熱心なファンなら、バースの前にブラゼルと重ねる人が多いと思うけど。

グリーンウェルの再来

○○の再来より
○○2世の方が多いよな

選手本人がその言葉がプレッシャーとなり不振続きなら問題ですが、あまり伝わって無いんじゃないですかね。
ファンが「バースの再来」という言葉で盛り上がるのは良いのではないかと思います。あれだけの最強助っ人でしたから。

バースの再来を期待するなら、3年は辛抱しないとダメだ。当のバースが覚醒したのに3年かかっているのだから、助っ人も若手同様我慢して使うしかない。今の阪神は即戦力ばかり求めて悪循環に陥ってるのでは。